【お家作り】外壁編 新発売!ケイミュー 光セラ18 結局どうなの?

ぽんた

こんにちは!
ぽんたです!!

私は、外壁工事の現場監督さんをしてます!

って言った方が分かりやすいですか?

とにかく、現在外壁専門でお仕事をしてますので

メーカーさんの話を聞く機会が多いのです

このサイトに足を運んできてくれたあなたは

  • 外壁ってケイミューの光セラってやつがいいらしいのね、よく分からないけど
  • 家づくりしている真っ最中で外壁選んでくださいって言われたけど、よく分からない
  • 担当の営業マンすらよく分かってなくて困ってる

そんな方に少しでもお役に立てればと

おすすめな新商品の『光セラ18』を紹介して行きます!

目次

ケイミューの中ではもうこれ一択なのでは

正直、皆さんがまず気になるのは

実際これどうなの?

って所と思うのですが

ケイミューの現在の商品ラインナップとしてざっくりと

  • 親水14ミリ厚(金物で引っ掛けず、釘で直に打ちつけます)
  • 親水コート15・16(金物を使い、釘の箇所が少数・汚れを流す)
  • 光セラ15・16・18(上と同じ釘少数・光触媒で分解・汚れを流す)
  • レジェール(ハイエンドモデル・展示会でしか見たこのない)

※令和4年現在、光セラ16は廃盤になっていき15mmと18mmのみとなっていきます

下に行くほど値段が高くなります

個人的な意見ですが

ケイミューにするなら光セラ一択でいいと思います

汚れを落とす機能は他社にもあります

でも、汚れを分解するのはケイミューぐらいしか思い当たりません

※ここでは光触媒の塗料は考えません

そこで、次は厚みの選択ですが

そりゃ厚い方がいいと思いますよね!

強そうだし!

分かるけど結局、金なんだよ!

18ミリと16ミリ・・・値段変わりません!

ケイミューさんの企業努力で値上げしないんですって!

値段同じで厚みアップてなんかお得感ありません!?

そして地味に重要なのですが

今後他社との差別化の為

16ミリは無くなっていくみたいです

万が一、外壁が割れたとかなった場合

今から建てて数年後にはその色はない可能性が高いです

よくあるのが角っちょの一番下を車で当てちゃったとか壊したとか

色自体は18ミリに引き継いでいくみたいですが

そもそも厚みが違いますね

そんな時どうなるか

無いものはしょうがないのです

同じ色の厚み違いでの補修となる可能性が高いです

クロスにも言えますが、新色を選ぶメリットはこお言う所にもいきてきます!

2ミリの差が活きる!ライトアップで活きる!

正直、これは実物を見ないと分かりません笑

なので、展示会で実際に見た私の感想のみとなりますが

下からライトアップされた外壁

かっこいいですよwww

いやらしいぐらいかっこいいです!(褒めてます)

どこでもある表現ですが

昼と夜の顔が違う(キリッ

みたいな感じです笑

美しいまま長く続く

外壁の劣化って多くは紫外線にやられます

外に出しっぱなしの古い洗濯バサミとかたまに粉吹いていたりしません?

ちょっと難しいです話すると

洗濯バサミは有機物っていうくくりで紫外線に弱いのです

反対に無機物って言うくくりもあって

例で言えば有田焼きとかの陶器

陶器は紫外線に強く茶碗が劣化するのって想像つきにくいですよね

光セラは光触媒の層の下にセラミックっていう無機物の層でもともと

紫外線から守ってました

新商品にはさらに高耐光性コートっていう紫外線を吸収する層がプラス!

2層から3層構造になってお値段据え置きなんて

まるで某ショッピングチャンネルの様ですね笑

注意点

注意点としては、色40年品質と掲げてるくらいなので

塗り替えは想定してません

なので、もし何年後かにやっぱり塗り替えようかなとなった場合

この、表面の塗膜を取らないといけないので

思った以上のお金がかかるし光触媒の効果もなくなるので勿体無いです

それと、日当たりが悪いところでは光触媒の効果が発揮できずに苔が生えてくる場合もあります

後は、凹凸の差がある分コーキング工事で難が出てくるので職人さんの腕が試されます

コーキングつながりでいくと光セラ18は中空タイプと言って

サイディングを横から見ると穴が空いてます

これは職人さんの負担を減らす為に軽量化をはかった結果なのですが

簡単に言うとこの穴のおかげで朝と昼の気温差が激しい時期は特に

コーキングがマグマの様にぶくぶく膨れる現象が起きやすいです

私の場合は年明けから春先までに特に濃い色のサイディングのコーキングが2現場やられました(汗

結果、コーキングを打ち直してもらうと言う工事をしました。

もし、手直しと言う言葉が嫌いな方は「ハット型ジョイナーneo

と言う中空タイプ専用の部材があるので最初からこれを使うようにハウスメーカーさんに

強く言っておくことをおすすめします

普通、こちらの純正品は高すぎるので他社メーカーの部材を使うことが多いです(汗

まとめ

  • 値段が16ミリと同じでコスパよし!
  • 深堀がかっこいい!ライトアップでもっとカッコいい!
  • お家のメンテナンスを減らせます

ケイミューの外壁としては

金属サイディンだったりコーヒー入りの商品があったり

屋根と同じ商品を壁に貼れたりとか

色々ありますが、変わったものはお値段もそれなりにします

決して安くはないですが一生物の買い物としては

外観と機能性の両方を併せ持つ

光セラ18一択で決めても良いと思います!

他社は他社でいいとこがあるので後日触れられればと思います!

最後までありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

熊本×家庭×けん玉に特化したブログを運営中♪
実りある人生を目指して実体験を中心とした記事が揃ってます!
熊本市在住、2歳の息子を持つ会社員
転職をきっかけに家庭×本業×副業の3つの旗をを掲げ日々奮闘中!!

コメント

コメントする

目次
閉じる