【超初心者向け】けん玉を初めたら最初に覚える持ち方

こんにちは!ぽんたです!

前回の記事をきっかけにけん玉の再ブームが訪れました!

2歳の息子の前で技をして見せると

なんかすごく興味を持ってくれて

これはもう将来有望です^ ^

驚いた事が、実際に見せた後にけん玉を渡すと

深く膝を曲げ、すごくいい構えするんです!

子供の見る力はすごいなと感じ

物事に早すぎる事はないのではと感じました!

前回は、けん玉を買ってプレイする前準備までを説明しました!

もちろん好きに遊ぶのはいいのですが

けん玉には持ち方と言うのがあります

最初から持ち方に慣れておくと

後々の成長は段違いです!

今のうちにしっかり覚えていきましょう!

技別に紹介して行くので

練習しながら後で復習にも活用ください!

目次

大皿(小皿)・中皿・もしかめ

大皿(小皿)持ち
  • 乗せたい方の皿を体の内側にむける
  • 親指と人差し指で根本をつまむ
  • 残りの指を体の外側の皿に添える

ポイント

極力尖ってる方に寄せて際をつまんでください

イメージは子供の時に流行ったペンを曲げるように見せる時に

ペンを摘んでフニャフニャさせていたあの感じです!

とめけん・うぐいす・〇〇一周

とめけん・一周系など
  • 棒をまっすぐにする
  • 親指と人差し指で根本をつまむ
  • 残りの指は人差し指にならって添えるだけ
  • 体の内側にちょっとお辞儀させる

ポイント

今回もやっぱりつまむです!

写真より私の指先を見て下さい!

人差し指と親指の先が白くなっているでしょ!?笑

撮影の為にちょっと力んでますが

本当に力を入れるのは指先だけ

残りはそっと添えるだけ

ここでつまむを強調しているのは

つまむ事で動きに遊びがでます

素早い微調整をする為に

握ってしまうと対応に遅れます

最初は慣れないかもしれませんが

つまむを意識してこれからの練習を頑張ってみましょう!

ろうそく

ろうそく
  • 親指と人差し指で根本をつまむ
  • 中指を人差し指にならって添える
  • 薬ゆびの背で親指側から尖っている棒を支える(小指は添えるだけ)

ポイント

やっぱりツマム

難しいのは薬ゆびの力加減かと思います

中指でもつまむイメージ支えてあげると上手くいくと思います!

ひこうき・灯台

飛行機・灯台
  • 親指と人差し指・中指ペアで玉の真ん中あたりをつまむ
  • 残りの指で玉を下から支える

ポイント

やっぱり摘みます笑

分かる人には野球のストレートの握り方って言った方がいいですか?

深く握ってしまうと動きに制限がかかります

飛行機という技では手首のスナップを

効かせる場面が出てくるので

手首を自由にする為に指先で持つようにしましょう!

まとめ

大まかにまとめるとこの4パターンです

この4パターンが出来れば大概の技はカバー出来ます

私がやっていたのは 日本けん玉協会の

けん玉道でした

礼に始まり、礼に終わる

剣道や空手の型と同じようなもので

技の形にも決まりがありました

今のフリースタイルのようなけん玉を見ると

古臭いのかなぁと考える事もありますが

やはり、筆の持ち方の様に

けん玉の持ち方も意味があります

技をやり易くしたり、綺麗に見せたりと

スポーツと同じように

綺麗なフォームを目指してけん玉を楽しんで頂けたらと思います^ ^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

熊本×家庭×けん玉に特化したブログを運営中♪
実りある人生を目指して実体験を中心とした記事が揃ってます!
熊本市在住、2歳の息子を持つ会社員
転職をきっかけに家庭×本業×副業の3つの旗をを掲げ日々奮闘中!!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる